fc2ブログ
BLOGTOP » 未分類 » TITLE … 支援員’S in 石川県・・・宇宙人に会える町の巻??

支援員’S in 石川県・・・宇宙人に会える町の巻??

初秋を感じるさわやかな季節になりましたね。
これから、食欲の秋 スポーツの秋 読書の秋 がやってきますが、何をやっても気持ちのいい季節ですね。
皆さんはどんな秋を過ごされますか

さて先日、石川県へ2度目の個別訪問にお伺いしました。
北陸の秋は、田んぼ一面に実った黄金色の稲穂と澄み切った青空が清々しく、やはり懐かしい浪江の風景を思い出さずにはいられませんでした。

そして今回は、7月に訪問できなかったお宅を中心にお伺いし、お会いできたご家族の方々とおしゃべりもはずみ、皆さんの笑顔に接することができました。
以前お邪魔した富山県での訪問でも、また今回の2度の石川県訪問からも感じたことは、やはり同じ県内に住んでいる浪江町の方たちと交流できることをとても望んでいるということです。

震災から3年半になります。私たちができることは、そんな皆さんの気持ちに応えられるように交流会(しゃべり場)を設定し、皆さんが気軽ににおしゃべりが出来る場所を提供することが一番なのかなと思いました。

ところで、今回の支援員’Sの旅では、思いもかけず、金沢駅でこんな電車を見つけてしまいました。

羽咋

この電車は、【UFOのまち羽咋号】といって金沢駅から能登半島の羽咋駅まで走っています。
何でUFOかといいますと・・・羽咋市にあるコスモアイル羽咋という宇宙科学博物館に行くと、そこのキャラクターである宇宙人のサンダー君に会えるそうです。(サンダー君は事情があって地球に来てしまったのですが、母星に帰るためのお金を工面するため、宇宙科学博物館でアルバイトをしているとのことでした。
サンダー君も遠く離れた星に来て、苦労しているのですね。

ということで今回は、宇宙人サンダー君のお話で終わります。

北陸ののどかな風景に触れて、ふるさと浪江のぬくもりが心から懐かしいと感じた訪問でした。
さあ、次は福井県