BLOGTOP » ARCHIVE … 2016年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個別訪問~兵庫県の巻 (^o^)

2月も半ばを過ぎ、ようやく春に近づいているのを感じるこの頃ですが、皆様、風邪などひいていませんか
私は、そろそろ花粉も飛び始めているのを感じています。 今年は多めに飛ぶらしいので、今から対策を・・・と思っています

さて今回は、兵庫県豊岡市への個別訪問の様子をご紹介します。
毎年、私たち支援員’Sを待っていてくださり、今回も懐かしい実家に里帰りしたようにホッとさせていただけるご夫妻との再会でした。
そして今回は、近くに住む娘さんにも同席していただき、一緒に浪江の自宅に一時帰宅した時のお話などをいろいろとお聞きしました。
その中で、関東に住んでいるお孫さんの感動的な話がありました。

お孫さんは、震災前は浪江のおうちに遊びに行くのが大好きで、畑で土いじりをしたり、釣りに行ったりするのをとても楽しんでいたそうですが、今回の震災でやむなく兵庫県に避難しなければならなくなったお祖父ちゃんやお祖母ちゃんのことをいつも気にかけて、浪江に遊びに行くことが出来なくなったことをとても寂しく思っていたそうです。そんな時、原発についての本を読んで、感想文を書く機会があり、もう行くことが出来なくなった浪江やお祖父ちゃん、お祖母ちゃんへの思いを綴り、教育長賞に選ばれて表彰を受けたということです。
お孫さんなりに小さな心を痛めながら、大好きだった浪江のことやお祖父ちゃん、お祖母ちゃんのことをいつも思っていた胸のうちがわかる気がしますね。

ふと帰りたい時、行きたいときに温かく迎えてくれるふるさとがあることは本当に幸せなことなんだと、遠くなったふるさとを愛おしく思い出す【深いィお話】でした。

豊岡訪問 今回もお世話になりました

そして今回もまた、コウノトリにも会ってきましたよ。幸せを運ぶコウノトリ皆さんにも幸せのおすそ分けです。
たまたま餌の時間だったようで、たくさんのコウノトリたちが集まっていました。

こうのとり  ご夫妻のように仲の良いコウノトリにほっこり

さて帰りは、昨年から運行が始まった京都丹後鉄道の【丹後の海】という特急に初めて乗車し、豊岡駅から京都まで帰って来ました。藍色メタリックの車両は、~海の京都~をイメージしたとても素敵な車両です。車内も木をふんだんに取り入れた温かみのあるデザインで、ゆったりとした乗り心地でした。
丹後の海  鉄道ファンに一度は乗っていただきたい特急です


ところで、今週末には、京都において復興支援員推進会議浪江町なんでも相談会が開催されます。

その模様は、また次回ご紹介したいと思います。



スポンサーサイト

個別訪問~鳥取県の巻 (^^♪

2月に入り、まだまだ寒い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか
こちら京都では北野天満宮の梅がほころび、春の息吹を感じるようになりましたが、頬にあたる風はまだまだ冷たいです。

大変ご無沙汰をしてしまいましたが、私たち支援員’Sは、浪江町民の方への訪問を地道に続けています。

そんな中、先日は鳥取で大学生活をされている学生さんにお会いしてきました。
以前から知っている女の子でしたので、もっと早くに訪問をしたいと思っていましたが、なかなかタイミングが合わず、やっと今回お会いできることになりました。

すっかり大人っぽく成長された姿にも、小さいころの面影が感じられ、とても懐かしい再会となりました。
今年3月で卒業とのことで、卒論の仕上げに忙しい時期にも関わらず、私たちにお付き合いしていただき、鳥取といえば・・・
まずは【すなば珈琲】ということで、案内していただきました。

砂コーヒー  軽食のメニューもあり、混んでいました

そして次に鳥取といえば・・・
【鳥取砂丘】  

砂丘 えみさんラクダ

砂浜のように見えますが、砂丘です。土田支援員が代表してラクダに乗りました

砂丘では風がきつく、砂に足がとられなかなか思うように歩けませんでしたが、海を見下ろす大パノラマを堪能しました。

そして、いろいろな話をする中で、震災当時は高校2年生で、学校での避難生活も経験し、大変な思いをしながらも一人で遠く離れた鳥取県で4年間頑張ってこれたのは、いつも見守っていてくれた家族と大学生活で出会えたたくさんの友達がいたからと、笑顔で話してくれました。

春からは社会人となり、また新しい環境での生活が始まりますが、きっとこれまでの経験を生かし、彼女らしい素敵な未来が待っていることでしょうね。私たちもフレッシュな気持ちにしていただけた出会いでした。

そして、土田支援員はそのままラクダに乗って京都へ帰りましたとさ。めでたしめでたし 

『今日のおまけ』
コナン

鳥取県といえば、昨年お亡くなりになった水木しげる氏が有名ですが、あの《名探偵コナン》の作者青山剛昌氏も鳥取出身なんですね。それで、鳥取空港の愛称が鳥取砂丘コナン空港✈と呼ばれています。親しみを感じますね
『真実はいつもひとつ』

さて、次回は兵庫県への訪問についてご紹介します

まだまだ寒い日が続きます。インフルエンザもはやり始めていますので、どうぞご自愛ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。