BLOGTOP » ARCHIVE … 2014年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おめでとう♪ 羽生くん・・金メダル。

各地で大雪になっていますが、皆さんのところはいかがでしょうか
関東甲信地方では、記録的な積雪になっているということですし、これから東北の方も大雪になる予報ですので、くれぐれもお気をつけください。
こちら京都も2月14日は、4cmぐらい雪が積もりホワイトバレンタインな一日となりました。今年は例年になく、雪が多いですね。慣れない雪道は、危険がいっぱいです。私も久々に雪道を歩きましたが、水分の多い雪は滑りやすくて危ないです。

雪の日
カラーで撮ったのに白黒写真?

さてさて、ソチオリンピックが盛り上がっていますが、羽生結弦選手男子フィギュァで金メダルを獲得しましたね
震災後、羽生選手もいろいろと苦労をしながらも本当に頑張って勝ち取った勝利ですね
日本にそして東北に勇気と感動をいっぱい届けていただき、ありがとうございました
あのスリムな身体での堂々とした滑りとさわやかな笑顔は、被災地はもちろん世界中の人々に感動を与えてくれました。
また、そのあと葛西選手の銀メダルのニュースを聞いてまたまた感動です。今回のオリンピックは10代の若き選手達も大活躍で、本当に勇気をいっぱいもらっています。
まだまだこれからの日本選手の活躍に期待したいですね。

ところで、今年度の支援員活動も残すところ、あと1ヶ月半となりました。
先週には大阪府と京都府のなかで、まだお伺いしていなかったお宅と今年になってから、関西に引越していらっしゃったお宅への訪問をおこないました。(晴れ女雨女の旅もいよいよ完結編
たまたま今回は、関西に避難してきてからご結婚され、お子さんを出産されたという2人のお母さんにお会いすることができ、とてもお幸せそうな様子を拝見できました。
いろいろとご苦労もあったと思うのですが、しっかりとお母さんをされている様子に私達は嬉しく、そして頼もしく感じた訪問でした。

こうして今年度の戸別訪問は、おかげ様で一巡し終えることができました。今年度、お会いできなかった方々には、次回またお会いする機会もあるかと思います。そして、引き続き、ご連絡も入れさせていただきたいと思っています。

では、まだまだ雪と寒さの対策を十分に・・・
そして、オリンピックに夢中になりすぎての睡眠不足にはくれぐれもご注意くださいね。










スポンサーサイト

第4回推進会議 in またまた福島

立春を過ぎましたが、まだまだ雪が降ったり朝晩の冷え込みは一層厳しく感じるこのごろです。 この寒さ、いつまで続くのでしょうか・・・。春はまだ遠いですね。

さて、今年度の支援員活動も残すところあと2ヶ月ほどになりました。
そんな中、今月の2日に第4回復興支援員推進会議が福島で開催され、私達支援員も出席してきました。
前回の開催が昨年の9月でしたので、久しぶりにお会いした他の県の支援員さんやスタッフの方々との再会になぜかテンションも上がり気味 (・・・だったのは京都組だけ

会議は、初めに浪江町の現状報告があり、賠償問題・除染の進捗状況・町外コミュ二ティのお話やこれからの復興推進の課題などについての説明がありました。
私達支援員は、町民一人ひとりの暮らしの再建のために町と町民を結ぶ役割についての認識を新たにしました。

推進2

続いて、支援員の訪問や電話での聞き取りなどから、町民の方に何らかの異変が感じられた場合、その対処の方法などについても事例をもとに説明がありました
また、福祉のサービスを必要とする町民に支援員ができることは何かということについて、≪ふくしま心のケアセンター≫の専門スタッフの方のお話もお聞きしました。
(社会福祉士さんの講話)
講和

最後は、各グループごとにそれぞれの現況や問題点などについて情報を共有し、町と町民の方とをつなぐ役割ということを再確認し、これからの支援員活動に生かしていきたいと感じました

まもなく3年が過ぎようとしている避難生活。皆、これまでさまざまな困難や苦労も頑張って乗り越えてきましたが、そろそろ疲れも出てくる時期だと思います。まだまだ不安な状況は変わらず、心と体のバランスも崩してしまう時期でもありますね これからの訪問や電話での聞き取りなどでも、より一層細やかに心の変化に対応していきたいと思います。

さて、これからも寒い日が続きますが、いよいよソチオリンピックが始まりますね。
日本選手の活躍に期待し、みんなで応援しましょう
またたくさんの元気と感動をもらえそうですね
風邪なんてひいてる場合じゃないですねっ
春は、もうすぐです。どうぞご自愛ください。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。