BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆戸別訪問、行って来ました☆

 『暑さ寒さも彼岸まで』といいますが、こちら京都もやっと秋らしい風が通り過ぎる季節になりました。朝晩はめっきり肌寒く、日中との気温差が大きいので体調管理に気をつけないといけないですね。

さて先日には、京都市内にお住まいの5世帯のお宅へ戸別訪問をさせていただきました。まず伏見区にお住まいの4世帯のお宅と山科区にお住まいの1世帯のお宅へ・・・。
この日は、秋晴れがさわやかないい日だったのですが(晴れ女さんのおかげで)日中は30度を超えるほどの暑い日だったんです。地図を片手に私達2人は、木々に囲まれた閑静な住宅地に到着。お伺いした5世帯のうち3人の方にお会いすることができ、玄関先でちょっとお話をさせていただきました。
以前、お電話でお話をしたことがありましたので、何となく初めてお会いした感じではなく、いろいろとお話をしていくうちに少しずつ親しみが感じられました。そして、ご家族の様子もお聞きし、皆さんがお元気そうな様子で生活されているということで、とても安心しました。
特に子供さんが、学校や保育園などに楽しく通っていらっしゃるお話やママ友同士でもうまくお付き合いされていることをお聞きし、ホッとしました。
ただ、ご主人だけが福島に戻られ、お母さんと子供さんだけがこちらで生活されているご家族もいらっしゃるので、これからも定期的に連絡を入れさせていただいたり、訪問なども続けて行きたいと思っています。
また、今回お会いできなかったお宅へは交流会のチラシにメッセージを添えてポスティングさせていただきました。

さて、こうしてとりあえず今日の予定は、無事終了しました。(私達も初めて降りる駅だったり、初めて訪れる町だったり、少しだけ緊張もしますが、またそれ以上に新しい発見もあったりで、なかなか貴重な体験です。ただ、この2人の旅の道中は地元の方とのいろいろな出会いもあったりで・・・・笑えるエピソード満載です。いつか機会がありましたら是非、紹介したいと思います。)
今後は、京都府内のまだお会いしていないご家族のところへお伺いする予定です。またステキな笑顔にお会いできるのが楽しみです

そして、いよいよ浪江のしゃべり場in関西が今度の日曜日に開催されます。
★日時:9月29日(日)14時30分~17時
★場所:キャンパスプラザ京都 第4演習室
★アクセス;JR京都駅烏丸口  京都中央郵便局西側 ビッグカメラ向かい
★連絡先:kansaihamadoori@gmail.com
今回は浪江町の渡邉副町長はじめ生活支援課の職員も出席しますので、この機会に聞きたいことや町への要望などたくさんお話できますよ。当日直接会場にいらしていただいても大丈夫ですたくさんの方のご参加お待ちしています
スポンサーサイト

☆懐かしの浪江町へ☆

この度の台風18号について、たくさんの方々からご心配のメールやご連絡をいただきまして、ありがとうございました。京都に在住の浪江町民およびスタッフ皆、おかげさまで無事でおりますので、どうぞご安心ください。

それにしましても今回の台風の被害は、あまりにも衝撃的で、ニュースの映像を観るたび、心が痛む思いです。
京都では、夜中にエリアメールというのが発信されて避難の指示が出されました。特別警報という聞きなれない言葉にも緊迫した状況が想像され、体が震えました。 思いがけない災害は本当に突然なんですね。またまた肝に銘じておきたいところです。

さて先日、郡山で開催された浪江町復興支援員推進会議が、無事に終わりました。会議では、渡邉副町長の挨拶から始まり、山形・千葉・新潟・埼玉と京都から参加した復興支援員とサポート団体による活動報告が発表され、そのあとグループワークが行なわれました。グループワークでは、各支援員同士の情報交換やこれからの課題などについて話し合いました。
他地域の支援員の活動について、教えていただくことや参考にさせていただくことなどもいっぱいあり、それらをお互いに共有してこれからの活動に生かしていければいいなと感じました。

支援員 007(副

次の日は、台風が迫り来る中、浪江町の視察をして来ました。私にとっては7ヶ月ぶりの浪江町です。雨女の私のせいで、ごめんなさい、浪江に近づくにつれだんだん雨が強くなって・・・)
バスの車窓から見る山々、これから秋に向かう誰もいない山里の風景は懐かしい気持ちもありますが、やはり寂しいものでした。

支援員 016

まず最初に請戸地区に入り、副町長さんの案内で、津波で亡くなられた方の慰霊碑で手を合わせました。なんともいえない辛く悲しい気持ちがこみ上げてきました。そのあと請戸小学校の中を見せていただきました。建物はしっかりと残ってはいましたが、中は想像以上に傷んでおり、津波のすさまじさを実感しました。でも教室のあちこちで震災の直前まで子供達が元気いっぱいに過ごしていた様子を思うと・・・。やはり悲しさと悔しさでいっぱいになりました。

支援員 030

そして、同行された皆さんはずぶ濡れ状態で(私のせいでごめんなさい)バスに乗り込み、一路役場へ
そのあと役場内で昼食をいただいている間にすっかり雨はあがって、青空も見え始め、役場の4階から見た町の風景はとてもさわやかでした。(ホント良かったです晴れ女の土田支援員のおかげで助かりました )
それから浪江駅浪江町内ふれあいセンターへとバスはめぐり、津島の活性化センターにてスクリーニングを終え、無事に帰路に着いたのでした。

浪江町内をバスでまわっている時、ふと見慣れた風景に「いつものあの店で買い物をして、あそこに寄って、あの道を通って・・・自宅に帰って夕飯の用意をして・・・」という普通の日常生活が当たり前に過ぎていくような錯覚を覚えました。でも、そうか私は今ここに住んでいないんだ。と気づいた時、やっぱり浪江町が大好きだし、大切な場所なんだと心から思いました。
支援員として、この気持ちを忘れずに町民の方たちにしっかり寄り添えるよう、また地道に頑張ります。

そして、晴れ女・雨女・嵐を呼ぶ 「誰?」の旅は、まだまだ続きます。

支援員 042

☆ 2回目のしゃべり場を開きまーす♪ ☆

空も高く、通り過ぎる風に秋の近づきを感じる季節になりました。つい先日までは、あんなに暑かったのに・・・。飲み物も冷たいものから温かいものが欲しくなりますね。

そして、とうとう2020年のオリンピック東京に決まりましたね。7年後の日本は7年後の浪江はそしてその時の自分は・・・・。どこでオリンピックを観ているのでしょうか

夏の終わりの今頃の時期は、梨が美味しい季節ですね。まだ暑さが少し残るこの時期、梨のみずみずしい食感がさわやかさを運んでくれますよね。
そういえば、浪江の梨は、甘くて水分がたっぷりでとても美味しかったことを思い出します。夏の疲れを癒してくれる旬の果物でした。
季節が移り変わるたびに、また、浪江町のいいところを懐かしく思い出してしまいます。

さてこの度、2回目の浪江町のしゃべり場(交流会)9月29日(日)に開催します。
すでに関西にお住まいの皆さんにはチラシをお送りしておりますので、お手元に届きましたら、ご確認お願いします。
今回のしゃべり場には、浪江町の渡邉副町長さんにも出席していただき、直接皆さんとお話をすることになっています。また、9月15日には支援員として浪江町の視察をして来ますので、その報告なども交流会でお話したいと思います。(私にとって7ヶ月ぶりの浪江です。懐かしい友人にでも会う様な気持ちで行ってきます。)   
そんなわけで、交流会ではたくさんの方とおしゃべりできることを楽しみにしています。

雨の日

これから美味しい食べ物いっぱいの食欲の秋がやって来ますね・・・・。 お出かけするのにもとてもいい季節です。
ここのところ、京都は雨の日が続いていましたので、雨上がりの午後に近くの公園をパチリ
一雨ごとに深まる秋を前にウォーキングでもしながら小さい秋を見つけに、ちょっと出かけてみませんか


☆防災の日に思う・・・☆

今日から9月です。朝夕はだいぶしのぎやすくなり風の中にも少しずつ秋の気配を感じます。
このブログの装いも新たにそして気持ちもリセットして(・・でも、こちら関西はまだしばらくは残暑とうまくお付き合いしていかなければなりませんが。)頑張ります。

今日9月1日は、防災の日ですね
90年前の今日は、関東大震災が起こった日でこの時期は台風などの災害も起きやすいこともあり、防災の日として、各地では防災訓練などが行なわれますね。

私自身、震災前は防災の日を知っていても、人ごとのように感じるだけでしたが、東日本大震災を経験したことによって、これまで身をもって感じてきたことを教訓に自分自身を再確認する日として考えるようにしたいと思います。 
家族やいつもお世話になっているまわりの方たちへの感謝。(の気持ちをいつもの2倍の笑顔で表現・・・これを倍返しの笑顔といいます
防災グッズの確認。(水や非常食のストック、懐中電灯など非常用の備品はすぐに持ち出せるように保管、ガソリンは早めに給油)
身の回りの物のチェック。(生活用品は最低限に。必要以上にものを増やさない。不要なものを処分。でも、なぜか増えていく・・・
家族間で非常時の連絡について話し合う。
浪江町のこと、そして離れている友人知人のことをいっぱい思う。
でもこれは、毎月11日を迎えるたびにたぶん皆さんもされていることだと思うのです。
今日という日をまたひとつのきっかけにして、あの日の気持ちを忘れずにまた一歩ずつ進んでいきましょう。

さて、9月の中旬には浪江町支援員の推進会議があり、支援員間での情報交換や浪江町内に視察に行く予定です。それについては後日、ご報告したいと思っています。
また、個別訪問も引き続き実施していきます。(浪江のこといっぱいおしゃべりしましょう )

これから、少しずつ涼しくなりますが、夏の疲れなどが出てくる時期ですので、まだまだ体調管理には気をつけてお過ごしくださいね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。