BLOGTOP » ARCHIVE … 2013年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

☆個別訪問、いってきました♪ ☆

暑い暑いと言いながら、あっという間にお盆も過ぎて、8月も後半になりましたね
心なしかセミの声も以前より元気がなくなったように聞こえるのは、私だけでしょうか子供達の夏休みも残すところあと少しですね。

さて、まだまだ残暑も続く日々ですが、先日、京都市伏見区にお住まいのご家族のお宅にお伺いしました。
訪問当日もじっとりと汗をかくような暑い日でしたが、空には入道雲がモクモクと現れてきており、車を走らせた瞬間、パラパラと大きな雨粒が落ちてきたのです。思わず私は「一雨くるのかな?私、雨女だから・・・」と不安になりつぶやくと同乗していた土田支援員が、「大丈夫、私晴れ女やから」との強力なこの一言で雨はすぐに止み、たくさんの木々の緑に囲まれた静かな住宅に無事に到着したのでした。

ご夫婦で生活されているということで、これまでの避難の経緯や今現在の近況などのお話をしていただきました。浪江町で生活していた時のお話には、私の知っている方の名前もたくさん出てきて、私自身も懐かしい気持ちでいっぱいになりました。お二人ともそれぞれの趣味を通して、楽しみながらの日々を送っていらっしゃるということをお聴きして、私達支援員もホッとしました。

そんなお話の中、外ではゴロゴロと何やらカミナリが・・・・ はてとうとう雨が降り出すのかも?と思いながら、またお話に夢中になっている間にカミナリも鳴り止み、これはやっぱり強力な晴れ女さんのおかげで雨 に降られることなく無事に訪問を終えることができたのだと思いました。

そして、帰り際には、「とても楽しい時間が過ごせました。」と笑顔で言って頂きましたが、私達の方こそとても心が和むステキな時間を過ごせたことに感謝の気持ちでいっぱいでした。
ほんのひと時でしたが、浪江の自宅のお話、浪江でされていたお仕事のこと、ご友人のことなど浪江での思い出話をされるご夫婦の思いはとても深いものだと感じました。

これからもまだまだたくさんのご家族のお話を伺いながら、皆さんの思いに、少しでも寄り添っていけるように私達晴れ女&雨女の旅は、続きます。
スポンサーサイト

☆真夏の福島イベントめぐり☆

全国的にまだまだ真夏日が続いていますが、皆さん、ゆっくりとお盆休みを過ごされていますか
今年は、気温が40度を超えたり、特に熱中症のニュースが多く聞かれ、水分や塩分の補給がとても大切なことを改めて感じた夏になりました。私は、水分のとり過ぎなのか、○○太り気味で困ってます

さてそんな暑い中、京都烏丸御池の新風館で開催された関西・福島交流フェアと京都高島屋での八重の故郷・福島県の物産と観光展に行ってきましたそういえば、大河ドラマの『八重の桜』も舞台が京都へと移り、いよいよ新島ジョーさんも登ジョーして、ますます目が離せませんね・・・。
新風館でのフェアでは、福島のグルメや名産品の展示販売ブースや伝統工芸品の実演・体験コーナーなどが設けられており、ステージでは、フラガールやゲストによる歌やトークなども予定されていました。
とにかく暑い日でしたので、福島からいらしたスタッフの方々が汗だくで応対されている様子がとても大変そうでした。

フェ

高島屋でのイベントでも福島の名産品の実演販売コーナーが設けられ、郷土色豊かな伝統の味や職人の技が光る福島県ならではの物産品がたくさん並んでおり、そこに、浪江焼そばの井戸川商店さんも実演販売をされていました。

なみえ

私事ですが、井戸川商店さんは私の近所でお店をされていたので、よく焼きそばをおまけしていただいたり、お世話になっており、ここでの再会はとても感動的でした。そして、焼きたての焼きそばの味は、懐かしい浪江の風景を思い出させてくれ、心が温かくほっこりする味でした。(エアコンがきいてて、ホント良かったです

KIMG0073.jpg

その他にもいわきの海産物や銘菓などたくさんの福島の味や名産品が展示・販売されていました。

お盆で福島に帰省された方も多いと思います。久しぶりに家族が集まったり、懐かしい友人との再会など、ステキな夏休みの思い出作れましたか
私は今年もお墓参りには行けませんでしたので、ご先祖様には遠い京都の地より手を合わせました。今夜、京都では五山の送り火が催されます。

さて、まだまだ残暑が厳しいですので、くれぐれもご自愛ください。


☆トマトの気持ち・・・part 3☆

暦の上では立秋を過ぎましたが、まだまだ猛暑が続いています。
皆さん、体調のほうはいかがですか

夏の高校野球も始まりましたね。またしばらくは、球児たちの熱い戦いにまだまだヒートアップしそうな夏です。(これも年齢のせいでしょうか?・・・高校生の一生懸命さを観ていると、本当に涙が出るくらい感動してしまいます。勝っても負けてもあのキラキラした表情はとてもステキですよね。いや、これは年齢に関係なく観ている人みんなに感動を与えてくれるドラマなんですね

さて、本当に暑さにとろけそうな毎日ですがそんな時こそ、暑い関西でいろいろと苦労されながらも頑張って生活しておられる町民の方のお宅を訪問させていただく予定でいます。あらかじめ、電話でご都合をお聞きしてからの訪問になりますが、お盆明けぐらいから少しずつ、ご連絡させていただきますので、その時はまた、いろいろとお気持ちをお話していただければと思います。よろしくお願いします

そういえば、真夏の太陽を目いっぱい浴びて、すくすくと育ってくれたわが家のトマト君でしたが、とうとう収穫の日を迎え、このように相性のいいモッツァレラチーズと共にモッツァレラトマトサラダになりました。

とまと(輪切り)

トマトの輪切りにハート型にくりぬいたチーズを乗せてオリーブオイルと塩コショウをパッパとふりかけて、『大変美味しくいただきましたよ。ごちそう様でした』甘酸っぱくてフルーティなお味でした。
ありがとうトマト君、そしてありがとうリコピン リコピンは、抗酸化作用があり、美肌にも効果があるんです。

皆さんも暑ーい夏を冷たく冷やした真っ赤なトマトを食べて、元気に乗り切りましょー

☆なみえのしゃべり場 in東京に参加しました☆

真夏の日差しが、痛いくらいに照りつける毎日ですが天候はまだまだ不安定で、各地では大雨による被害も出ているようです。皆さんのところは大丈夫でしょうか

さてさて8月4日は、<なみえのしゃべり場in東京>が、芝浦工業大学豊洲キャンパスで行なわれ、参加してきました。会は、高崎経済大学の学生さんが中心になり、“ふるさと浪江町を考える懇談会”をテーマに地区ごとのグループに分かれてのワークショップ形式で、率直な意見交換や話し合いが行なわれました。

写真、東京 001(blog)

《浪江町内のまちづくり》について気になっていることや浪江町のこれからの姿、またそのために何をするべきかなどをまとめ、グループごとに発表を行ないました。

そして会の後半は、浪江町長による現状説明や参加者との意見交換なども行なわれ、除染や放射能についての具体的な質問が多く出されました。最後に浪江出身のアーティスト3名によるミニコンサートもありました。

写真、東京 013(blog)

今回の懇談会では2年ぶりにたくさんの知人とも再会ができました。(年齢のせいでしょうか?懐かしさに思わず手を握り合ってしまうんですね・・・なぜか)
このように、参加者同士がそれぞれの体験を共有することができ、また将来の浪江町の姿を考えるという機会を持つことができたことは、私にとって大変貴重な時間でした。これからの関西での交流会でもワークショップなどを活用していけたら・・と感じています。

こちら京都は、これからの1週間ぐらいは、気温が35度以上の真夏日だそうで、考えただけでもうんざりです
でも、これからお盆休みにもなりますし、久しぶりに家族がそろって楽しいひと時が過ごせるといいですね。

☆富岡町交流会 in 大阪☆

いよいよ8月に入りましたが、ここ2,3日はジメジメとした不安定な天候が続いていますね でも、外ではセミ達の大合唱も聞こえ夏本番といった感じです。

先日は、関西浜通り交流会の主催で、富岡町の交流会が大阪で開かれました。
今回の交流会は、富岡町をはじめ、大阪周辺に避難している大熊町や浪江町からも参加していただいたので、浪江町支援員としてもお手伝いという形で、仲間に入れていただきました

開催された場所は、大阪市中央公会堂という大正ロマンを感じさせる素敵な会場でした。この建物は、国の重要文化財にも指定されており、思わず日傘をさしたハイカラさんが現れそうな、ロマンティックな雰囲気をもっています。
富岡交流会

そして、交流会は京都からの女子高生ボランティア2名も加わり、お茶を飲みながら、和やかな雰囲気のなかで時間を忘れて、おしゃべりを楽しみました。
こんなふうに、近隣の大熊町や富岡町からの町民の方との交流も横のつながりとして、とても意義のあるものだと感じ、大切にしていきたいと思いました。(同じ浜通り出身ってやっぱり親近感がわきますね)

富岡

さて、これから夏の暑さも一層厳しくなります。 こちら京都は、覚悟を決めて楽しみながら夏を過ごすことにします。 夏ならではの美味しい食べ物をモリモリ食べて、水分もいっぱい採って、みんなで元気に乗り切りましょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。